市民による市民のためのアーカイブ 市民アーカイブ多摩 運営:ネットワーク・市民アーカイブ
TOP > ネットワーク・市民アーカイブ > アーカイブ通信
■ネットワーク・
     市民アーカイブ

  △設立趣旨書
  △団体情報
  △沿革
  △会員募集・寄付募集   △アーカイブ通信

■その他









ネットワーク・市民アーカイブ 会員通信



バックナンバー
発行日内 容PDF
No.132018.7.1
開館4周年記念講演会報告「五日市憲法の発見とその現代的意義―半世紀前の明治100年キャンペーンに抗して」新井勝紘(元専修大学教授、当会会員)/2018年度定期総会終了−長期計画と組織基盤の強化が課題/ミニコミ紹介(13)「ムルレ(糸車)」「はちとぴ」/市民アーカイブ多摩の資料棚から(9)「子ども・児童福祉」/シリーズ“現場”を訪ねる(2)浪江虔の思想を 場と資料から辿る/第四期 緑蔭トーク(1)報告「日大闘争の資料を国立歴史民俗博物館へ寄贈して」矢崎薫さん(日大全共闘)/記憶と記録の場をめぐる旅(11)不屈館―瀬長亀次郎と民衆資料―
No.122018.3.1
[特別寄稿]市民活動資料が放つ光「1968年 ― 無数の問いの噴出の時代」を見学して−新井勝紘/公開学習会シリーズ“ 原点” から考える(3)受け継いでいく思い―ハンセン氏病文庫から国立の資料館へ(黒尾和久さん(国立ハンセン病資料館))/第三期 緑蔭トーク(4)報告「産婆と産院の歴史と現代の出産」大出春江さん(大妻女子大学)/緑蔭トーク(特別編)報告「住民はどう未来を選択し、作り上げていくのか―横浜新貨物線反対運動を通して」宮崎省吾さん(元横浜新貨物線反対同盟事務局長)/ミニコミ紹介(12)「ゆきわたり」「ごみっと・SUN」/市民アーカイブ多摩の資料棚から(8)「平和(2)」
No.112017.11.1
[新代表ご挨拶]ひとびとの思い≠ニ行動≠フ歴史を次の世代へ−町村敬志/第三期 緑蔭トーク(2)報告緑蔭トーク(3)報告「市民の学びの拠点はどこに?―戦後八王子の足跡を辿って」増沢 航(運営委員・八王子市市史編集専門部会近現代部会専門調査員)/「手作りパンの店・ポムの20年」中野政子さん(立川市幸町・ポム)/私と市民活動資料9「各地の活動の資料に励まされながら」(山口ゆみ(調布市公民館を考える市民の会))/ミニコミ紹介(11)「共働学舎だより」「区画整理反対ニュース」/市民アーカイブ多摩の資料棚から(7)「平和(1)」/記憶と記録の場をめぐる旅(10) 八王子平和・原爆資料館
No.102017.7.20
開館3周年記念講演会報告「情報公開≠フ現在(いま)とアーカイブ」三木由希子さん(情報公開クリアリングハウス)/第三期 緑蔭トーク(1)報告「悩める女たちと30余年」鈴木美和子(運営委員・女のミニコミ『マイマイ族』発行人)/ミニコミ紹介(10)「キラキラ星通信」「じゃんぴん」/私と市民活動資料8「どんな時に住民は動くのか?」(宮崎省吾・元横浜新貨物線反対同盟事務局長)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(6)〈合冊版〉
No.92017.3.1
公開学習会シリーズ“ 原点” から考える(2)アーカイブを市民の力に―道場親信の仕事と私たち/第二期 緑蔭トーク(3)報告「三多摩の市民活動をたどる」江頭晃子(運営委員・アンティ多摩)/緑蔭トーク(4)報告「市民活動を分類する」町村敬志(運営委員・一橋大学)/ミニコミ紹介(9)「沖縄(うちなんちゅ)の怒りと共に」「こがねい女性ネットワークニュース」/私と市民活動資料7「運動資料を活かすための体制を」(加藤一夫)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(6)「原発〈追記〉」/記憶と記録の場をめぐる旅(9) 深沢晟雄資料館
No.82016.11.1
第二期 緑蔭トーク(2)報告「砂川闘争と美術家たち」武居利史さん(府中市美術館)/緑蔭トーク(特別編)報告「働く人の歴史をつなぐ―大阪産業労働資料館エル・ライブラリー」谷合佳代子さん(公財 大阪社会運動協会)/シリーズ“現場”を訪ねる(1)「成田空港反対闘争の現地を歩く〜資料の「現場」から〜」/ミニコミ紹介(8)「テント村通信」「知恵の樹」/記憶と記録の場をめぐる旅(8) 成田空港 空と大地の歴史館/私と市民活動資料6「偶然と邂逅を重ねながら」(三浦 健)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(5)「原発」
No.72016.7.1
2016 年度は体制整備を重点〜市民アーカイブの3年目〜/開館2周年講演会報告(抄録)「屈せずに生きた浪江虔―民主主義の礎としての私立南多摩農村図書館―」田中伸尚さん(ノンフィクション作家)/第二期 緑蔭トーク(1)報告「電磁波問題と私―これまでの運動と収集資料」懸樋哲夫さん(ガウスネットワーク)/ミニコミ紹介(7)「ちくりん舎ニュース」「ピナットニュース」/記憶と記録の場をめぐる旅(7) アウシュヴィッツ平和博物館・原発災害情報センター/私と市民活動資料5「市民史と行政史をつなぐ」(藤岡一昭)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(4)「日本における民族差別」
No.62016.3.1
第一期 緑蔭トーク(4)報告「「3・11震災からの資料レスキューについて」」青木 睦 さん(国文学研究資料館)/公開学習会シリーズ“ 原点” から考える(1)市民活動サービスコーナー時代をふり返る/ミニコミ紹介(6)「であい」「がうす通信」/記憶と記録の場をめぐる旅(6) 内灘町歴史民俗資料館「風と砂の館」/私と市民活動資料4「1枚のちらしから…の展開」(佐藤啓子)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(3)「女性」
No.52015.11.1
第一期 緑蔭トーク(2)(3)報告−(2)「文明開化期の玉川上水―下長淵村コレラ一件」杉山 弘、(3)「ウルグアイのメモリアルミュージアム―軍事独裁政権による市民弾圧と抵抗の歴史を記憶に残す試み」荒井容子/ミニコミ紹介(5)「倉沢里山を愛する会(アリスの丘ファーム)ニュースレター」「公民館をよりよくする会だより」/記憶と記録の場をめぐる旅(5) 保健婦資料館−健康と生活を守る活動を伝える/私と市民活動資料3「自発性が持つ風通しの良さ」(中村 元)/インターンシップを体験して―行動する資料「ミニコミ」 との9日間―(野口萌恵さん)
No.42015.7.1
2015年度 始動!−「活用」をキーワードに−/開館1周年記念講演報告「市民アーカイブを活用する!―立教大学共生社会研究センターの歩みから―」高木恒一さん/第一期 緑蔭トーク(1)報告「アーカイブとは何か?―アーキビストからの提言」中村 修/私と市民活動資料2「巡りめぐって」(湯瀬秀行)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(2)「憲法」/ミニコミ紹介(4)「グループ目高舎通信」「戦争と性」/記憶と記録の場をめぐる旅(4) 産業・教育資料室 きねがわ
No.32015.2.20
開館1周年集会を開催します/「緑陰トーク」第1期スタート/集会報告「市民発の情報が社会を変える−市民活動のアーカイブの可能性」/ミニコミ紹介(3)「あさやけだより」「チマ友 にゅうず」/私と市民活動資料1「紙碑」(増沢 航)/市民アーカイブ多摩の資料棚から(1)/記憶と記録の場をめぐる旅(3) 法政大学大原社会問題研究所−環境アーカイブズ
No.22014.10.25
集会報告「ようこそ!市民アーカイブ多摩へ」/市民アーカイブ多摩開館記念講演会記録「アーカイブズが社会を変える」(松岡資明さん)/ミニコミ紹介(2)「Peace あさかわ」「たまじょつうしん」/記憶と記録の場をめぐる旅〜資料館を訪ねて〜(2) 満蒙開拓平和記念館
No.12014.7.1
「市民アーカイブ多摩」本格始動へ/市民アーカイブ多摩所蔵資料紹介/ミニコミ紹介(1)「並木道」/記憶と記録の場をめぐる旅〜資料館を訪ねて〜(1) 重監房資料館、リーかあさま記念館






ネットワーク・市民アーカイブ   since 2014.4.6
(旧:市民活動資料・情報センターをつくる会)
【事務局】〒190-0022立川市錦町3-1-28-301
TEL 042(540)1663
E-Mail:simin-siryo@nifty.com